電話型

電話型のマンションのオートロックシステムの導入として説明します。電話型ですので電話を利用してのオートロックシステムになります。玄関を開閉できる管理する方が固定電話を利用していたり、携帯電話やスマートフォンを利用したりと分けられます。

元々は固定電話に電話がかかってきて、玄関を開けるかどうかと考えるものです。しかし、今は携帯電話やスマートフォンも普及し連絡が来たときに開けるかどうか考えられるようになりました。そして電話番号も登録して管理できるようにします。費用もインターホンと比較すると安い金額で出来ます。入居している方が5人くらいの家族ですと5人分の電話番号を登録し管理出来るようにします。

携帯電話やスマートフォンが1人1台持っているのが普通である今日、オートロックシステムをご利用の際には少なからず電話型は利用することになります。外出していても電話一本で対応出来るのです。大きな荷物が届く場合もあります。突然の知人の訪問もあるはずです。そのとき個人の電話があることにより様々なサービスを利用出来ます。マンションでのオートロックシステムでは変化に対応出来てなニーズに応える必要があります。これからもオートロックは日々進化し続けるのです。

リモコン型

今主流のリモコン型のマンションへのオートロックシステムの導入を説明します。まるでテレビやエアコンのリモコンのように手軽に操作できること大事です。予算もインターホン型と比較し低額です。現代的でなおかつ安い値段というのは魅力的です。さらに工事の手間を省けて出来る良さがあります。操作の例として、お客様が来たときでも、玄関までいかずにリモコンで玄関を開けるのも可能ということです。最近では、車のキーと一緒にして活用すると便利な効果が得られます。

さらに今では鍵の代わりにカードリーダーを使用したりと変化が出ております。ホテルに泊まるとカードで部屋を開けた経験があるはずです。皆さんの住まいも電子錠の時代に来ているのです。この他、暗証番号を打ち込み開ける鍵もあります。良さは鍵を持たなくてもよいことです。ただし暗証番号を忘れないようにしてください。

結論としてコストを抑えるならばリモコン式がお薦めです。物を持ちながら玄関を開けたいとき活躍します。そして、場所によっては入室して欲しくない部屋は、カードリーダーや暗証番号の方法を利用すると頑丈になります。家の都合によっては、様々なものを組み合わせて利用して欲しいと思います。

インターホン型

マンションのオートロックシステムの導入としてインターホン型の導入を説明します。室内でインターホン越しに外にいる人と会話も出来ます。安全面では完全とはいいませんが、普通に暮らす分には安全が保たれています。また大半は管理人がいます。

インターホンのモニターですが、白黒からカラーに変わり見やすくなっているのです。インターホン越しに、来客の様子も分かります。このように、オートロックシステムの導入で個人の玄関、集合住宅での玄関で引き留めることもできます。暗い時間帯でも明るく見えるシステムを搭載しているカメラもあり来客の区別もつきます。

さらに今では、マンションの入り口から部屋の階まで自動でエレベーターが動くシステムもあります。それをコントロールするのが、インターホンです。さらにインターホンでチャイムの音を調整したり、お客様の見える角度や方法を確かめて調節します。管理する方は、有意義に過ごせるように相談してインターホンの充実に努めることです。充実するとお客様からの評判も良くなります。ただ、インターホンは、途中で導入するには難しいと思われるのがインターホンの特徴でもあります。しかし、オートロック設置業者【カギの特急便】は、オートロック新規設置、導入、リニューアルなど20年の実績があります。インターホンの導入について考えているのであれば、相談してみてはいかがでしょうか。

マンションのオートロック

オートロック、オートにロックすることで、自動で鍵が掛かります。簡単にはドアが閉まると鍵が閉まります。ホテルに泊まるときには、皆さんも経験があるはずです。ドアを閉めただけでドアの鍵が閉まるのです。オートロックは、現在では一軒家の住宅、マンション、ホテルにあります。鉄道においても閑散した地域でオートロックが使用されています。

マンションではオートロックシステムが採用されています。古くからあるインターホン越しに来客を見て、開けるか締めるかというシステムです。今は学校でも利用されている場所も出てきてます。オートロックシステムは、大きく2つに分かれます。インターホンのシステムと、電気での鍵のシステムです。オートロックシステムは、インターホン型やリモコン型、電話を利用する場合とあります。

インターホン型は玄関やリビングから来客を案内して入室させます。リモコン型は、テレビのリモコンのように気軽に持ち操作できます。電話を利用する場合は電話を利用しての入室になります。現代は、1人が1台は携帯電話やスマートフォンをお持ちだと思います。そこで、携帯を通して入室出来る方法もありますが、慌てて持って来ないときもあるのです。そのときは、中に入っている人から開けてもらえたらいいのです。このような様子ですと安全上は問題ないと思う方もいますが、多くの人数で一部は知人であるが他は見知らぬ人が訪れるときもあります。その場合は安全ともいえないのです。